業者によって異なるアンドロイドのアプリ開発
ロゴ

アンドロイドアプリ開発の比較~業者依頼のメリットを知ろう~

業者によって異なるアンドロイドのアプリ開発

アプリケーション

業者のアプリ開発の流れ

アンドロイドのアプリ開発業者は、クライアントが持ち込んだ企画書や仕様書に基づきアプリの設計をしますが、場合によっては企画書づくりや仕様書作りの段階から介入することもあります。これらの書類が作成できたら、画面デザインの設計を行い、モックアップを作ることでアプリ全体のイメージをつかみます。その後、プログラミングを行うことで詳細な動作について設計を進めます。設計が完了するとデバッグ作業を行いバグ取りを行います。

女性

開発以外の業者のサービス

アプリ開発業者のアプリ開発以外のサービスとしては、アフターサービスとプロモーションサービスがあります。アフターサービスでは、アプリリリース後に発覚したバグの修正であったり、アンドロイドのオペレーティングシステムのアップデートに伴う修正などを行います。
プロモーションサービスについては、開発したアプリを世の中に広めるために宣伝活動を行います。そのために、ソーシャルネットワークなどを利用したり、ホームページを作成たりして宣伝します。

自分でアプリを開発した場合と業者に依頼した場合の違い

自分でアプリを開発するとコストがかからない

Androidアプリの開発環境は、パソコンとインターネット回線が繋がっていれば、無料でダウンロードして利用が可能です。そのため、プログラミング言語であるJava言語さえ習得すればコストをかけずにアプリ開発ができます。

品質が高いアプリ開発は業者委託

業者に委託した場合は、スキルの高い設計者が過去の設計資産を流用しながら設計していきます。また、デバッグ作業も大掛かりに行われますので、品質が高いアプリを入手が可能です。また、アフターサポートも受けられます。

広告募集中